家

不動産選びのポイント【豊かな生活が送れるハウスガイド】

一戸建てに転居する手順

内観

売却益を頭金にする場合

マンション売却にはそれぞれの事情によって準備の方法が違ってきます。一般的に売却する場合は不動産業者に仲介をしてもらいます。例えば高齢者が息子への家に同居するためのマンション売却なら、より高い査定額がつくように準備をします。例えば玄関前を奇麗にするとか、不用な家具を処分して室内を広くするなどです。難しいのが一戸建てを建てて転居する場合です。この場合、一戸建てを建てる頭金にマンション売却によって得た資金を充てることが多いのです。このような場合はマンション売却を早める必要があります。そのためには売却を仲介する不動産業者に相談する必要があります。また一戸建てを建設する会社にも、マンション売却後に頭金を納入するという許可を得ておく必要があります。例えば思ったより早くマンション売却ができた場合、転居先の一戸建てが建築途中というケースがあります。その場合はマンションを明け渡して、一戸建てが完成するまでアパートなどに仮住まいすることになります。このような事態を想定して、マンション売却の契約書に明け渡し時期を決めておくことが必要になります。一般的に不動産会社に売却の仲介を依頼する時に、契約方法を選ぶことになります。複数の不動産会社に仲介を依頼することができる一般媒介契約、1社だけに仲介を依頼する専任媒介契約などがあります。不動産会社は売却手数料が入るので、複数の業者に仲介を依頼した方が早く売れる確率が高くなります。